FC2ブログ

コロナブログ

Entries

あー先生のモデル

今月私はJHASの定例会には出席せず、群馬校の研修会もお休みということで、先生方のアロマのエネルギーに触れる機会が少なかったのです。そんな中、横浜あー先生のサロン「ミル・フルール」にレッスンのモデルで参加させてもらいました。貴重な時間ありがとうございました。

足のトリートメントレッスンでした。生徒のりえさんは元々タッピングタッチという癒やしの技術を持ってらっしゃる方で、人の身体に触れることに慣れているようです。なのでトリートメントも初心者と思えない、上手です
私の顔見た途端「疲れてるみたいだねー」って先生が言われました。結構どよーんとしていたと思います~そうですー最近色々考えないといけないこともあり、私は疲れていたようで(^^;)足の施術中も、また寝てしまったりで、記憶なく・・。モデルとしてはきちんと起きてアドバイス等伝えないといけないのですが・・ごめんなさい~。
でもりえさんに、そんなにあれこれ言わないといけないことは特にないかなーって感じです。本当に力加減も丁度いいし、何より素晴らしいエネルギーの施術でした。受ける側が寝てしまうといことは、気持ちよいエネルギーが流れているということですから。受けている最中眠れないということは、癒やしのエネルギーの中の施術ではないということでもありますね。
終わった後、「顔が変わったー」って言われました私自身も、来る前とは何かが変わったと感じていました。足のトリートメントで、顔の表情や心持ちも変わってくる。
このようなことはどの施術メニューにも関わらず、よくあります。トリートメントやレッスンを受けた後、曇っていた自分のエネルギーが晴れていくように変わる。私達の成長を促してくれるかのようです。魂が深く反応するのでしょうね・・・

あー先生の自宅サロンは緑がいっぱい自然の多い環境の中にあるので、いつ行っても心地いいです。先生自身も植物が好きで、お庭もきれいにされています。こんなところでアロマを勉強したりトリートメント受けたりって、とても幸せだなと思いました。横浜ってどこも都会というイメージでしたが・・横浜も広いのですね~。茅ヶ崎から行くのも、思っていたより道路が大変じゃなくて行きやすい場所です。

先生から、どこか外国の、クッキーみないな?お菓子を頂きました。素朴なお味でおいしかったです。その国の伝統的なお菓子のようです。その国の名前、聞いたのにすっかり忘れてしまったあーどこだったっけ~?あんまり聞き慣れない国だったのよねーヨーロッパ、イタリアの近くの国です、思い出せずごめんなさい写真撮っておけばよかったよ、何も考えずさっさと食べてしまった~。
トリートメントもお菓子も、とてもよかったです!あー先生、りえさんありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

ピア誕生日でした。

12/4はピア13歳の誕生日でした。ピアは山で保護されたので実際の誕生日は分かりませんが、2005年冬生まれははっきりしてるので12/4を誕生日と旦那様が勝手に決めました。

毎年犬用ケーキを買ってきます。ピアにとっては一年に一度の楽しみですねですが小麦(グルテン)は腎臓によくない、食べてはいけない物です。。どうすっかな・・・ということで犬用アイスにしてみました。調べたらアイスは大丈夫のようです。
旦那様が家に帰ってからだったのでちょっと遅い時間、9時過ぎ。ピアはもう寝る準備に入っていました。そこを「ピアー、ピアー!」と呼びつけると「なにーもう寝るんだよー」というような顔でやってきました。来たときは魚の死んだような目をしていたのに、アイスに気づくとお目々キラキラ、目の大きさが2倍になった!やっぱり食欲旺盛なんだね~それはとてもうれしいです。
DSC_0841.jpg
一心不乱にアイスを貪るピア。日頃おやつはほとんど与えていないので、とても喜んで食べてくれました。
こういうのを見ると、もっとおやつとか食べたいものを食べさせてあげたいとも思いますが・・ピアはパンが大好物なんです。腎臓をいたわるためにはそのパンが全く食べられないってことに~!
うーん・・・ピアにしてみたら”別に長生きとかしなくてもいいから、パン食べたい!”って言うのかもしれませんね・・。
でも、もう少し頑張ってもらいたいから食事療法はやっていきたいと思います。
詳しい検査結果はまだ聞いていないのですが、どうやら心臓もよくないようです。腎臓悪いのも心臓に原因がありそう・・とのこと。ありゃ~心臓の働きが悪いと腎機能が落ちるのね。心臓もヒーリングをしていかないとね!
p13.jpg
一生懸命食べてるピアは本当かわいい。

後ろのテレビ、バラダンの内山君映ってんねー。この日ゲストで極楽山本出てて、あらぁ~って思った。関係ないけど~

犬の腎不全

今年の夏に血液検査で腎臓の値が悪いと言われたうちのピア。
しかしながら見た目や元気さは変わらず、あまり真剣に捉えていませんでした。とりあえず食事を腎臓用フードに変えたものの、なんか痩せてきてしまい・・・これだけでは栄養が足りないのかと思い今までのフードと混ぜていました。
結果、元の体重に戻り一見元気に見えますが・・先日血液検査で腎臓の値を示すBUN尿素窒素が悪くなってしまいました
腎臓病は食事が大事で摂り過ぎてはいけない物もあり、腎臓用フードはそこを計算された物。それに普通食を混ぜると効果半減してしまうようで~あーこれは本当反省です。。

腎臓にはネフロンという濾過機能細胞があり、これで正常な尿が作られ老廃物を体外に排出します。このネフロンが壊れるとうまく排出されず身体の中に毒素がたまる状態になってしまう。(人間も一緒)ピアはこの腎不全、ということになります。
壊れたネフロンはもう戻らないので、残っている正常な細胞を大事にしていけないといけません。そのためには、まず第一に食事療法!腎臓に負担をかけるタンパク実、リン、ナトリウムを摂り過ぎないようなご飯にする。
タンパク質とか身体を作る元の栄養素でもあるので、全く摂らないってのはできない。同じタンパク質でも腎臓に負担をかけないタンパク質を摂らないと~。栄養に不可欠だったりするから、摂り過ぎないよう注意しないといけない。

ピアにあげていた腎臓用フードはこういったタンパク質抑えめだから、身体が痩せてきたのだろうと思います。あと、今まで与えていたご飯ピアに合っているんです。お腹の調子もいいし毛並みもきれい。胃腸はいい感じだから与えたいけど、腎臓がぁーって、ホント悩む~でもやっぱり腎臓のためにも、今までのは止めないといけないですかね~。
腎臓悪い仔用の食事、栄養についてが意外と難しくって、これは・・大変だと・・・最近自覚したところですとにかく勉強しないと~~。

ピアの不調は、私や家のエネルギーが関係しています。
腎臓は怒りや恐怖とも関係している臓器。あー、ピアはとても怖がりなのよね!ちょっとした物音とかでも恐怖で固まってしまうところあるから。。こんなことになったのは私の責任でもあります。
なのでとにかくヒーリング!今までもちょっとしてたけど、なんというか、場所が違ってた。この辺なのかなー?くらいでやってたけど、実際やってたとこより腎臓ってもっと上ですね。背中の真ん中くらい。真剣さが足らなかった。きちんとサーチすれば腎臓の場所分かる。手をかざしてたらそこは重い感じがします。

腎不全とはいえ、初期段階なので元気です。今から気をつけてしっかりやりたいと思います。もうすぐ13歳、まだまだ生きてほしいです!
kyp.jpg
*CommentList

ゲット・アウト

去年アメリカで公開された「get out」。アカデミー賞でも話題になっていたので見ようかと思ってた映画。何となく見ることなく今年になってやっと見た。

黒人であるクリス・ワシントンは、白人のローズ・アーミテージという恋人がいた。2人は結婚を考えていたのでアーミテージ家に挨拶に行くことになる。自分が黒人なので、恋人家族に受け入れて貰えるか心配なクリス。”だいじょ~ぶよ~ウチの家族は黒人OKだから♪”とローズ。
特にアメリカのどこが舞台ってのはないのですが、風景や家の様子からして明らかにアメリカ南部地方ですね。南部は黒人差別が今でも根強く残ってるところ。絶対大丈夫じゃないよ!
家族や集まった親類友人たちは、まあ歓迎ムード。”黒人サイコーこれからは黒人の時代よねー”とか言ってるけどなんか雰囲気が怪しい・・そう、結婚許してみんなで仲良く暮らしていく・・・とはならないんですね~もちろん。

私は、よくあるような黒人さらって奴隷にするとか?想像してましたが違った。アーミテージ家の人たちはこれより更に上の黒人利用方法をやっていました。まあひどい話だ。
確かに、お客さん達が黒人はいいねって言っていた。何をしていたか分かるとセリフの意味も分かってきます。
白人にとって黒人は身分が下で見下す対象でありながら、身体的特徴は優れている点もあり、ある種憧れとか成り変わりたいと思う人もいるんでしょうね。
アーミテージ家にはその犠牲者でもある黒人が何人かいて、その人達はとてもかわいそうでした。だって自我が残ってますから。時々情緒不安定みたいになる。使用人ジョージナ、いい感じで不気味でした

終始緊張感ある映画の中でクリスの親友の警備員のロッドが出ると、まーまーおもしろくてほっとできます。彼だけはクリスがアーミテージ家に行くことに不安を持っていました。行方不明のクリスを探すのに警察行って相手にされなかったりちょっとかわいそうだったけど、ロッドの的外れな(しかしだいたい合ってる)推理も笑えた。ロッドは必要なかったという感想を持つ人もいますが、私はこの作品に欠かせない人物だと思っています。

5億と安い制作費で作られたのに関わらず、本国アメリカでは大ヒットだったが日本ではあまり話題にならなかったよう。理由は簡単、日本では黒人差別が身近じゃないからでしょう。映画の中には今も続く黒人差別と関連する細かい演出がちりばめられている。このへん普通の日本人には全く分からない!アメリカ人なら、細かい伏線もすぐ分かりそう多分・・。かなりおもしろい作品なのにもったいないね。日本人は解説付きで見たらとても楽しめる映画だと思います。

ラストはハッピーな形で終わりました。でもこれ元々はバッドエンドの予定だったそうです。ジョーダン・ピール監督によると”トランプ政権に変わったのでラストを変えた。現実があまりにも辛いんだから映画の中くらいは救いを与えたかった”だそうです。そうなんだ・・・・。
私は本来バッドエンド鬱展開好き、ハッピーエンドの話など見ないのだが、これに限ってはこのラストで本当に良かったと思いました。あのラストじゃなければなんか辛すぎるですよ

私の大好きな映画評論家の町山智浩さんが解説している動画がありました。町山さんの映画評論は細かくて分かりやすくて大好きですこれを見ればゲット・アウトもよく分かる!よかったらどうぞ。

11月研修会とヒーリング自由研修会

今月のアロマ☆ガーデンでの研修は、午前通常の研修会、午後ヒーリング自由研修会でした。
今年もあと2ヶ月を切りました。今年のテーマは「素直に」でした。私は忘れてしまっていましたこれができてないと、残り1ヶ月の間に大変になってしまうので・・気を取り直して過ごしていきたいです。

実習はヘッドトリートメントでした。頭だけでなく顔や肩も施術します。その中で鎖骨のリンパを捉えて全身のリンパを流すのですが、ペアを組んだちびもりさんのやり方が~なかなか男前というか勢いあるやり方、今まで受けたことのない流し方でおもしろくて大笑いでした。眠気がなくなって活力が沸いてきた!その後もその施術が忘れられず、とても楽しかったです。
先生からも話がありました。マイナスの時はいろいろと考えすぎてしまい、ややこしくなってしまう。心が強く出過ぎるとそうなりがちです。ですが研修のような思いがけないおもしろいことが起こると、マイナスエネルギーもどっかに飛んでいきますね!自分も周りもプラスエネルギーに包まれます。やっぱり笑いってすごく大事だと思いました。本当に楽しかったし、元気になった。ちびもりさんありがとう~。

研修はちびもりさん、ローズさん、クーちゃんと一緒でした。午後の研修はクーちゃんが抜けて3人でした。
ヒーリング研修のタイトルは「ヒーリング三昧 初心に返って」
実習の前に先生のお話。ヒーリングは誰でもできる、みんなに備わってる能力です。でもレベルはそれぞれで高い人もいればそうでない人もいます。その違いは何か。それは私も疑問に思っていたので、理由が聞けて納得でした。よく分かりました。レベルが低くなってしまう理由を排除して自分で能力を高める生き方をしていきたいです。幸せで楽しく笑っているのが1番かなと思います。
ヒーリングは免疫力を高め病気になりにくい身体にするのに向いています。そのためには日常的なヒーリングは有用です。家族とか自分に対してとか、普段ちゃんとやってなかったりですが・・ヒーリングを趣味に、暇さえあればヒーリング。JHASの先生はみなさんそうですね。私も見習いたいです。
病気になってからのヒーリングも勿論有効ですのでどんどんやらないとですね。ただ健康な人と病気の人ではやり方が違うのです。この点をしっかり分かった上でやりたいと思います。

実習は1人ベッドで寝て、先生も含む3人でヒーリング。集団ヒーリングですね。お部屋がヒーリングエネルギーに包まれ、受けてるものはもちろんのこと、やっていてもあのエネルギーに包まれているようで、気持ちよかったです。家で1人でやってるのとは全然違います。集中してのヒーリング、あのエネルギーはすごい・・・・。
身体も心も魂もすっきり、帰りは遅くなって暗い中の運転でしたが、眠くなりませんでした。暗いといつも通ってる道も風景が変わってよく分からなかったりしてちょっと心配だったけど、全く大丈夫でした。先生が帰り際に、首の後ろに精油塗ると元気出ると教えてくれました。それをやったのもよかったなーと思います。
(注:精油を希釈せず身体に塗るのは基本的にはできません。ラベンダーとティートリーは大丈夫ですが、肌弱い方など注意も必要です。初心者の方はセラピストさんに相談の元での使用をお願いします。)

研修のこの日は、ここ数日の中で1番笑ったと思います。日々生活していてそんなに大笑いすることないですから~本当にいい一日でした。先生みなさんありがとうございました

左サイドMenu

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR