FC2ブログ

コロナブログ

Entries

SNOW MIKU2019 ライブ

ライブ、4公演あるうち必ず毎年2公演はチケット取れていました。今年は日曜昼の1公演しかチケットが取れず、まあいーやしょうがないとあまり気にしていませんでしたが、予想以上によかったので土曜日も見たかったです。セトリもちょっと違ったので。
ym19.jpg
最初のR3、去年と違って違和感なくて一瞬分からなかった。別に悪くはなかったけれどなんか違う感があったのよね~それが改善されていてよかったと思います。
1曲目の「テオ」そうだねこれ人気だしOmoiは去年マジミラテーマ曲のp。初っぱなに流れるのは合ってると思う、テオがくるのは予想できたわねーでも私はこの歌あんまり好きではなくて、数回聞いただけでしたので最初何か分からず?でした。途中で気付いた・・。
dhm.jpg
こちら、幸福安心委員会です。」が入っていて、とても嬉しかったです!この歌大好きなんですよね
とてもライブで流れるとは思ってもいませんでしたよ振り付けもおもしろくてよかった。モーションキャプチャ誰がやってるんだろ?
最後の○ねがピー音になって聞こえなくなっていた。ふーんそういうものかね。まーいーや、マジミラでもやってもらいたい。
bm5.jpg
アンノウン・マザーグース」がまた聞けて、よかったよーやっぱりこの歌はいいね。そして以前と変わらないオーオーオー隊発動はちょっと笑えました。
Yellor」久しぶりに聞きました。このミクさんはかわいい。「なりすましゲンガー」も久しぶりでした。やっぱりいい歌詞だと思います。

今年はルカねーさん10周年ですね。おめでとうございます♪「それがあなたの幸せとしても」いいです。ルカねーさんの声に合ってる。

ファクトリーホール等で歴代の雪ミクのイラストが飾ってあったように、ライブでも歴代テーマソングがかかりました。これが本当よかったですよ~その年の札幌に来たことを思い出して、感慨深く何かが湧き出るような、感動とはまた違う思いでした。

その6曲はどれもいい歌でみんな好きですが、特に「スターナイトスノウ」が・・2017年当時そこまで思わなかったのに、改めて聞くとなんていい歌なんだろうorangestarさんの幻想的世界観とナブナさんの細やかな柔らかさが結びつくとこんな美しい曲ができるのかって。2人とも大好きなpさんです。
m2016.jpg
今年のテーマソングはDECO*27さんの「アイ/AI」。DECOさんらしい、明るくて楽しい歌です。
”もうじゃんじゃん君になっちゃって”とか”yeah!yeah!yeah!”とかみんなの力一杯のコールが、ミクさんの高い声から急に男性声多め低くなっちゃって、なんか笑えた。ま、愛がいっぱい詰まってるってことで

ライブは本当に素晴らしかったです。もう一回くらい見たかった残念。
来年も寒さが辛くても、また行ってしまうかもしれないですね~どうしましょうかねぇ・・・(^^;)
今年も楽しかったです、ありがとうございました。
スポンサーサイト

SNOW MIKU2019

今年も行ってきました、snow miku2019
snt.jpg

今回で7回目の雪ミク、今までで一番寒かった!天気予報でまあ覚悟はしていましたが・・・
サッポロファクトリーホールに入るのに1時間余り外で待つ。去年の3時間待ちよりは短いけど気温が-10度くらいこんなに気温が低いのは初めてでした。動かずただじっと立ってるのはつらい。最後はなんか、ねむーくなって雪山みたいに”このまま寝たら死ぬ”って感じでした。寸前の所中には入れて助かった。
毎年思う、もう来年は行かないと。あーなのになんで行ってしまうだろうね~

今年はsnow miku10周年なので、ファクトリーホールには2012年からの雪ミクのぼりが並んでいました。
m2013.jpg
このイラストは別会場札幌文化芸術交流センターのもの。ここにも歴代の雪ミクが展示してありました。
私が初めて札幌に行ったのが2013年だったのよねー。確かそれまでのライブにはKAITOとめーちゃんが出ていなかった。2013年からKAIMEIも出る、って聞いて、よし行こう、ってなったのです。
この白無垢ミクなつかしい。かわいい。
m2014.jpg
2014年は魔法少女。

ファクトリーホールや文化芸術交流センターではグッズ買い物したり、イラスト見て回ったりと楽しかったです。
m2015.jpg
2015年すずらんミクさん。私はこのミクさんが一番好きです。一番かわいいし、北海道の雪ミクのイメージに合っていると思う。

この頃ユキネも出てきた。あんまりそういうのなくてもいいんだけど~まあユキネもかわいいよね・・・
m2018.jpg
去年の丹頂鶴ミクさん。このミクさんも北海道らしくて大好きです。和のミクさんは良い。
mp.jpg
んで今年のミクさんは、プリンセスだそうです。
可愛いしきれいなのだけど、年が経つにつれどんどんじゃらじゃらしてくというか、装飾が派手になってるというか。全体的にでかい。私はもっとシンプルなのが好きなので・・最初の頃の雪ミクさんが懐かしいです。
来年はどんなミクさんになるんだろう。

インフルエンザやノロウイルス

この時期、インフルエンザやノロが流行ってますね。私が昼働いてる職場でも大勢罹ってしまっていました。
私もみんなと同じ空間で仕事していたけど、大丈夫でした。よかったです
みんな、ウイルス消毒液のようなのを撒いたり、自衛を一生懸命やっていたのに結局移っているので・・あの消毒液あんまり役に立っていない気がします・・・やらないよりましなのか。
私はその液とか、あまり使っていませんでした。それでも移らなかったのは、まあ偶然とかかもしれませんが、やはりアロマの実践のお陰だろうと思っています。
そして気がついたのは、今流行してる時期に慌てて精油を使うのではなく、普段から使っていることが大切だということです。インフルや風邪に有用な精油を使うと、もちろん予防できます。ただ、ウイルスだらけの環境にいると、完全に避けることはできないのではないか、ウイルスは目に見えないし、いくら気をつけていても仕事してると気が回らないこともあるかもしれない。
とすれば、大切なのは免疫力ですね!もし感染してしまったとしても、免疫(ナチュラルキラー細胞)がやっつけてくれて発病しなくてすみます。
風邪やインフルエンザにはティートリーやユーカリが有用でこの時期欠かせません。しかしノロウイルスに対抗できる精油はない。そうなるとより免疫力が重要になります。免疫力が高ければ他の病気、ガンなど罹りにくくなります。
人は生きていれば色々あるので完全に病気にならない、というのは難しいのかもしれません。そうなってしまったらそれは医療やアロマの力を借りそこからの回復を図っていくのですが、その前にできれば病気にならない体調崩さない、もし崩しても軽くすんですぐ治る身体を維持していきたいですね。

普通に朝起きられて、ご飯を食べて家事もでき仕事にも行ける・・という生活ができるのは、本当に幸せなことだと思います。みんな毎日元気で過ごせるように、免疫力を高めましょう~。簡単にできるのは、笑うことみたいです!特に楽しいことがなくても笑うのはストレスを解消し心理面でもよい、免疫力upや健康に繋がります。”楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ”って言いますよねーやっぱり楽しいのが一番です。
その上アロマの実践があるとより良いね♪精油やクリスタルをもっと使っていきたいです。まだまだ実践が足りないかもなので
20190201_2397827.jpg
1月研修会で、リフレクソロジー施術の様子です。
先生がブログに写真を載せていて、それを使ってもいいよーと言ってくれました。先生ありがとうございます
私はおしゃまさんの足裏のツボ押ししておりますヽ(´∀`)ノ
*CommentList

1月研修会

研修会のため、アロマ☆ガーデンに行きました。
今年のテーマは「真っ直ぐに」。今まで見たくない闇とか、モヤモヤしたもの曖昧にごまかしてきたことに光が当たり、クリアーにしていなかいといけない年。
ああー怖いですね、私もそういうの色々あります、どんなことになるのかねぇ・・でもいつか決着させなければならないだろう、と懸念していたのは事実です。なんとか頑張って乗り越えていきたいと思います。

みんな誰しも、嫌いだったり苦手な人がいると思います。いるのが普通かな。1人もいないという人はいるのでしょうかね?
ですがこのような人が1人でもいると、エネルギーの流れが悪い。その影響は大きいのです。全ては繋がってるので、一見関係ないようでも大いに関係あるのですね。。
苦手な人をなくす・・のはとても難しいことです。私も元々人間が得意な方ではないので~簡単にはいかないけど、諦めないで頑張りま~す。誰のことも責めないで、人の光を信じていきたい。私自身も自分の闇を恐れず手放し、光に向かっていきたいと思います。皆さんも一緒にがんばりましょう!

実習はリフレクソロジーでした。おしゃまさんとのペアで、足のほぐしや足裏のツボ押し、気持ちよく癒されました。ありがとうございます。
この日は6人での研修でした。当番のオレンジさんには、駐車場の手配等やってもらい、ありがとうございます。皆さんにお世話になりありがとうございました。

私は最近、群馬に車で行くのが眠くて辛いことも多く・・・そしたら、先生が電車でも行き方を教えてくれました。乗り換え1回で行けるようで、思ったより簡単そうです。駅から先生の家までが交通手段がないみたいだけど、なんとかなるのかなー。
あとは、生徒時代レッスンに来た時泊まっていた健康ランド湯楽部(以前はコロナの湯という名前だった)でゆっくり一泊して帰る、ってのもいいですね。ここはカプセルホテルになってるみたい、私はカプセルホテル、大好きなんですよね!!あの狭い閉鎖空間は最高です。世の中男性専用ばかりで少々腹が立つ是非泊まりたい。

群馬は車社会ですね。ただ、ゴミ出しや回覧板持って行くのも車で、って群馬の福りんさんが言っていて~へーすごい、びっくり、群馬すごいね~~回覧板って、群馬広い!おもしろい!
私ももう10年以上群馬に通ってるが、考えてみれば自分の家と先生の家と往復くらい。太田市だけで他のおもしろそうな所は全然行ったことがない。高崎とか桐生とか前橋とか草津とかいろいろありそうなのに・・・なんてこった~こんにゃくパークとか行ってみたいね。せっかくだから、広い群馬を巡ってみたいです。そんな機会があればうれしいですねー。

カエル少年失踪殺人事件

重苦しくて暗澹たる思いにさせてくれることには定評がある・・・少なくとも私はそう思っています。一時期この国のホラーやサスペンス等を見まくってました。そんな韓国映画でございます。

1991年に実際に起きた事件を元に作られた映画です。韓国3大未解決事件のひとつ。この事件はとても不可解です。大邱広域市で、5人の小学生が近くの山に「カエル取りに行く」と言い出かけてそのまま行方不明に。
親たちの必死の呼びかけ、大人数による捜索も虚しく子供達は見つからない。生きてるのか死んでるのかも分からず、最初こそ世間の興味をひいたものの、だんだん忘れられていく・・。
事件から11年後、山に行った人が偶然子供達の死体を見つけました。検死で分かったことは、頭蓋骨に銃で撃たれたような傷があるため事故等でなく明らかに殺人である。遺体の様子が古いので行方不明になりすぐに殺されたであろう、とのこと。
でもなんで11年も経って見つかったのか。そもそも、そこはとても小さな山で、事件が起きたとき何度も捜索した所だったのに。最近になって遺体を動かしたのか?わざわざそんなことする必要あるのか?
様々な憶測はあったものの、容疑者もあぶり出せないまま2006年に時効となりました。

大邱は韓国の中ではまあまあ都会のようだが、映画の舞台は一昔前の村のような田舎。終始閉塞感漂い、鬱々とした気分になる。事件スクープを狙うマスコミのカン・ジスン、大学教授ファンなどが事件の渦に巻き込まれていきます。大学教授が子供の親を疑い家を大捜索したが、結局何もなく・・・これは、ちょっとファン先生も気の毒だったなと思いました。その親、疑われるようなことしてるからね~。まあ、その怪しい行動は親の子どもを想う悲しい気持ちからやってるので、非難はできない。なんかみんなかわいそうで、悲しい。
その後、いかにも疑わしい応容疑者が出てきます。屠殺場でカン・ジスンが容疑者と対峙したとき、振り返った容疑者の目がすごい目つきだ、あの目はすごい。画面越しでもハッとなりました・・。この人やってそうだけど・・分からない。確信がないですね。映画でも犯人は分からず終い。まあ、現実がそうなのだから、映画もそうよねぇ。

この映画はどこを取ってもマイナスオーラ漂う作品であるのは間違いない。1カ所だけ、疑われたお父さんが病気で死んだ後子ども達5人と笑顔で再会している場面はちょっと心温まるラストシーンだが、それ以外は全部胸くそ。見たところで何一ついいことなさそうなので~(運気的にも)こういう映画が好きな人でなければオススメしません!

私は未解決事件とかそういうの好きなので、この映画はまあまあかなーってところです。韓国は実際の事件を映像化するの好きだよねー。なんとなくミーハーというか、被害者のこと何も考えてないような気がするのは韓国らしいというかだけど3大未解決事件のあと2つも映画化されてます。機会があれば見てみようと思う。

左サイドMenu

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR